格言で絶望

 絶望した!「俺今良い事言った!」と言いたくて考えた言葉がどれも陳腐で絶望した!!


 はい、今日はそんな、なんちゃって名言集デス。
 ネタがないとかそんな自白めいた事はシマセンヨ!(ぁ


人生は長いマラソンだ。
本物のマラソンと違うとすれば、ゴールがどこにあるかわからない事だろう。
もしかするとゴールはずっと先かも知れないし、次の瞬間にあるのかもしれない。
だから自分で納得できるよう、綺麗に走れ。

 →小中高と、マラソンの時は嫌でいやでたまりませんデシタ。
   最後なんてぐだぐだな走りっぷりで、気づいたらゴールデシタ。


人は便利さを知るから不便さを感じる。
人は幸福を知るから不幸を恐怖する。
人は希望を持つから絶望を知る。

 →絶望哲学者曰く、「何にも持ってなけりゃマイナスの要素なんて発生しねぇ!!」
   だからって肉体まで捨てるとあれデスヨネ?


感動は他人を縛る最高の鎖だ。
貴方が彼らを感動させれば、それで縛られた彼らは貴方に従うことだろう。

 →稀代の政治家とか独裁者ってこんな感じなのデスカネ?
   いつぞやか、どっかの国の政治家見てて思いマシタ。ヒャッハ。


反則して勝つんじゃない。相手に反則させて勝つんだ。

 →中学時代のバスケ部の顧問がこんな事言ってたように思います。
   まあ、どうやって反則させるかまでは教えてくれませんデシタ(トーイメ


知らない事が罪なのではない。知らないという事を知らない事こそが罪なのだ。

 →ソクラテスだったかの言う「無知の知」の逆デスネ。
   自分でも何言ってんだと思います。で、ソクラテスでアッテタッケ?



 そんな感じb

 ちなみにうちは綺麗に走ってないし、無になる事はもちろんできないし、感動の言葉もなけりゃ相手に反則させる方法も知りません!

 そんな感じb
[PR]
by yuanfei | 2006-04-08 02:55